CBRとVBRの違い、テレビ視聴・録画ソフト:パソコン周辺機器使いこなし事典

スポンサードリンク

CBRとVBRの違い、テレビ視聴・録画ソフト

CBRとVBRの違いについて

映像をNPEG2形式に変換する時に、ビットレートを高くするほど、変換後の映像はキレイになります。その代わりデータが大きくなるため、録画できる時間が短くなります。そこで、VBR(VariableBitRate)を活用します。


CBRとVBRのちがい~種類

CBRはConstantBitRateの略で「固定ビットレート」と呼ばれています。一定のビットレートを保つ方式です。VBRは「固定ビットレート」と呼ばれ、映像に合わせて随時ビットレートが変化する方式とがあります。


CBRとVBRのちがい~特徴

テレビ、DVDなどの映像ををMPEG2形式に変換する時に、動きの激しい場面ほど、高いピットレートが必要になります。反対に、動きの少ない場面などではピットレートは低くても画質上問題ありません。VBRは、場面に応じて必要なピットレートを割り振ることができるので、画質を一定レベルに維持しながら全体の容量を抑えることができます。


CBRとVBRのちがい~ここに注意

VBRで注意したいのが、VBRは映像によってビットレートが変化するため、容量の予測が難しいです。DVDに保存したかったのに、4.7GB超えてしまっていると言うこともありますので、注意してください。


テレビ視聴・録画ソフトについて

テレビ視聴・録画ソフトについて、標準でテレビの視聴や録画に対応している機種であれば、専用ソフトがあらかじめインストールされているか、CD-ROMが添付されています。標準で付いてない場合、パソコンでテレビを観たり録画するには、テレビチューナーやMPEGエンコーダなどのハードウェアの他に、専用のソフトウェアが必要になります。


テレビ視聴・録画ソフトの種類

テレビ視聴・録画ソフトの種類は、メーカーごとに独自のテレビ視聴や録画ソフトを提供しています。たとえばソニーのVAIOシリーズでは「DoVAIO」富士通が「TVfunSTUDIO」、NECが「SmartVision」などとなっています。


テレビ視聴・録画ソフトのここに注意

テレビ視聴・録画ソフトの注意として、ソフトを初めて起動した時に、受信チャンネルの設定を行わなくてはなりません。この時に電子番組表の設定を一緒にやります。番組表が利用できるまで、録画予約ができない場合もあります。


テレビ視聴・録画ソフトのヒント

テレビ視聴・録画ソフトのヒントとして、録画番組を残しておきたい場合は、DVDメディアにコピーして保存しておくとよいのですが、その時にビデオ編集ソフトがあると、CMなどの不要な所をカットすることができます。そしてDVDへの書き込みはDVD作成ソフトでおこないます。

スポンサードリンク
 
パソコン周辺機器使いこなし事典 TOPへ パソコンのテレビ&サウンド機能 CBRとVBRの違い、テレビ視聴・録画ソフト