プリンタとインク色数:パソコン周辺機器使いこなし事典

スポンサードリンク

プリンタとインク色数

プリンタとは

プリンタとは、パソコン上で作成した写真や、デジタルカメラのなどの写真の印刷をするための周辺機器です。USBケーブルでパソコンと接続するものや、Bluetoothなどで無線接続できるものもあります。


プリンタの種類

プリンタの種類は、印刷の仕方によって、レザープリンタとインクジェットプリンタに分けられています。レザープリンタは黒のトナーを紙に定着させることで印刷します。また、モノクロ以外にカラートナーを使って印刷できるものもあります


プリンタの特徴

プリンタの特徴で、レザープリンタは、価格は高いですが、動作音が静かで印刷も早く、文字が鮮明なので、書類などの印刷に向いています。インクジェットプリンタの方は、一般的で、価格も比較的安く、デジタルカメラで撮影した写真をキレイに印刷することができます。


プリンタのヒント

プリンタのヒントとして、ファクシミリや、スキャナ、コピーなどの機能を兼ねそろえた複合機も増えてきています。あと、DVDやCDの表面にも印刷できるプリンタや、デジタルカメラに使用されるメモリカードを挿入すると印刷できるプリンタなどが発売されています。


インク色数について

インク色数について、一般的にカラープリンタは、4色のインクを、混ぜ合わせることにより、色を表現させます。シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、ブラック(B)などが使われますが、4色では色の再現に無理があるため、現在では色をよりたくさん使用するプリンタが発売されています。


インク色数の種類

インク色数の種類ですが、基本の4色だけでは表現の難しい、くっきりした黒や原色系の青や緑、淡い青やピンクといった色を専用のインクで表現します。多くは6~8色を使ったプリンタです。使用しているインク数が多いほど、きれいな印刷効果が期待できます。インクの種類は、メーカーや機種ごとに変わってきます。


インク色数のヒント

インク色数のヒントとして、日本初9色のインクを使用したインクジェットプリンタに、2005年2月に日本ヒューレッドパッカード発売の「HP Photosmart 8753」があります。


インク色数のここに注意

インク色数の注意点として、プリンタに使われているインクには2種類あります。広く使われて値段の安い染料インク。耐久性が高く、一部の機種に使用されているが値段の高い、顔料インク。購入する時はカタログの仕様一覧で、1枚あたりの印刷コストと、インクタンクが一体型か各色独立型か、なども確認してください。インクタンクが独立型ですと、なくなった色だけ補充することができます。

スポンサードリンク
 
パソコン周辺機器使いこなし事典 TOPへ パソコン周辺機器 プリンタとインク色数