イメージスキャナとイメージセンサー:パソコン周辺機器使いこなし事典

スポンサードリンク

イメージスキャナとイメージセンサー

イメージスキャナについて

イメージスキャナは、スキャナとパソコンをUSBケーブルを利用してつなぎます。写真やイラスト、新聞、雑誌などを画像データとして読み取ってパソコンに保存し、さまざまな用途に利用することができるものです。


イメージスキャナの種類

イメージスキャナの種類として、最も一般的な機種として、フラットヘッドスキャナで、A4サイズの原稿が読み取れるタイプが主流です。。コピー機と同じ要領で台の上に原稿を置いて、下から光を当てることで画像を読み取ることができます。写真のネガフィルムやポジフィルムを読み取る場合は、フィルムに光を当て透過光から読み取る、フィルムスキャナを使用します。


イメージスキャナのヒント

イメージスキャナのヒントとして、OCRソフトを利用することで、そのままでは利用価値の少ないイメージスキャナで読み取った画像データを文字データに変換することができます。OCRソフトは、イメージスキャナのほとんどに付属しています。


イメージスキャナのここに注意

イメージスキャナの注意点として、フラットベッドスキャナの機種によっては、透過原稿ユニットをつけるとフィルムスキャナとして利用できる機種もありますので、確認しておくとよいと思います。


イメージセンサーの種類~CCDセンサ

イメージセンサについて、読み込むイメージセンサの違いでイメージスキャナは2種類に分けられます。1つににCCDセンサを搭載したスキャナ(CCDスキャナ)があり、このCCDはデジタルカメラなどと同じものが利用されています。


イメージセンサーの特徴~CCDセンサ

CCDセンサの特徴として、サイズも大きく、値段のほうは2~4万と高額になりますが、立体の物も画像として取り込むことができます。多少原稿が浮くようなことがあっても、ピントを合わせます。


イメージセンサーの特徴~CISスキャナ

CISスキャナの特徴として、CISセンサを搭載しているスキャナで、CCDスキャナより安価で、薄く、消費電力も少なく、バスパワーに対応しているので、USBケーブル以外の電源は必要ないです。


イメージセンサーの注意点~CISスキャナ

CISスキャナの注意点として、CISスキャナは、CISセンサを搭載していますが、CISセンサはデコボコした原稿をよみとることができません。フィルムスキャナとして利用したいのであれば、CCDスキャナの購入をお勧めします。

スポンサードリンク
 
パソコン周辺機器使いこなし事典 TOPへ パソコン周辺機器 イメージスキャナとイメージセンサー