印刷品質とUSBデバイス:パソコン周辺機器使いこなし事典

スポンサードリンク

印刷品質とUSBデバイス

印刷品質について

印刷品質は、プリンタの印刷精度を表す単位としてdpi(dots per inch)があります。例として、4800dpi×1200dpiなどと表現されます。この数値が大きいほど細かい精度で、高品質な印刷ができます。


印刷品質の種類

印刷品質の種類として、インクジェットプリンタの場合、1インチ当たりの点の密度はスタンダードモデルで4800dpi~5700dpi程度、エントリーモデルで1200dpi~2400dpi程度が一般的です。プリンタの機種によっては、印刷モードによってdpiが変化するものもあります。


印刷品質のヒント

印刷品質のヒントとして、インクのサイズにpl(ピコリットル)という単位が使用されています。プリンタごとに噴射されるインクののサイズが決まっているのですが、一般的には1.5pl~4plの製品が主流になっています。数値が小さいほど使用しているインクの粒が小さいといえ、2pl以下であれば高品質です。


印刷品質のここに注意

印刷品質の注意点として、プリンタにはメーカーごとや機種ごとにソフトウェアが付属されています。画像加工ソフトや年賀状ソフトは定番ですが、近年注目されているデジタルカメラのRAWデータを扱うことのできるソフトウェアの付属された製品も多くなっています。


USBデバイスとは

USBデバイスとは、USB端子に接続できる機器の総称をいい、プリンタをはじめ、イメージスキャナの他に、フラッシュメモリ、外付けハードディスクなどがあげれます。USBは、ホットフラグに対応しているため、パソコンの電源を入れたままの状態で抜き差しすることができます。


USBデバイスのここに注意

USBデバイスの注意点として、USBの外付けハードディスクの場合、バスパワー対応のものをおすすめしますが、バスパワーの電流がそれほど多くないため、電力不足で起動しなかったり、止まったりする恐れがあります。このような場合は、AC アダプタを接続あるいはブースター付きUSBケーブルを使用するとよいです。フラッシュメモリの場合は、コネクタ部分の劣化を防ぐために、カバーの付いた製品を選んでください。


USBデバイスの変り種~種類

USBデバイスの変り種の種類として、代表的なもので、パソコンでゲームをする時のコントローラーや、Webカメラなどに使用される小型カメラなどがあります。


USBデバイスの変り種~ヒント

USBデバイスの変り種のヒントとして、変わったもので、携帯電話の充電器や、扇風機、ハンディ掃除機、マイナスイオン発生器など、他にも沢山の物があります。

スポンサードリンク
 
パソコン周辺機器使いこなし事典 TOPへ パソコン周辺機器 印刷品質とUSBデバイス