スーパーマルチドライブとは:パソコン周辺機器使いこなし事典

スポンサードリンク

スーパーマルチドライブとは

スーパーマルチドライブとは

スーパーマルチドライブとは、「DVD-RAM」「DVD+R/RW」「DVD-R/RW」のすべてに対応した、記憶型DVDドライブのこを言います。スーパーマルチドライブは現在市販されているパソコンの多くに搭載されています。


スーパーマルチドライブの機能

スーパーマルチドライブの機能として、DVD-RAM」「DVD+R/RW」「DVD-R/RW」の記録型DVDメディアの他に、市販のCDやDVDビデオの再生、DVD-ROM、 CD-R/RW 、CD-ROMを利用することができます。最近では、DVD±RDLの2層記録に対応した製品もあります。


スーパーマルチドライブの種類

スーパーマルチドライブの種類として、デスクトップパソコンのドライブベイに設置する「内蔵型」と、USBケーブルなどを利用してパソコンと繋げる「外付け型」があります。ハードディスク同様、スーパーマルチドライブも増設することができます。


スーパーマルチドライブのここに注意

スーパーマルチドライブを搭載していないパソコンでは、DVDの再生や、ハードディスクドライブに録画したテレビ番組をDVDメディアにコピーしょうとするなら、対応のソフトウエアーが必要です。スーパーマルチドライブを搭載しているパソコンの場合はソフトウエアが付属されています。


○倍速とは

○倍速とは、カタログの仕様でCD/DVDドライブの所に記載されているもので、データの転送速度を表す数値のことです。この数値が大きいほど高速で読み出しやデータの書き込みができます。


○倍速の特徴

○倍速の特徴として、同じドライブでも使用するメディアの種類によってデータの転送速度やデータを書き込む速度・読み出す速度が違います。そのためカタログなどには各メディアごとの書き込み速度と読み込み速度が記されています。


○倍速のヒント

○倍速のヒントに、DVDメディアの○倍速は、1時間で4・7GBの映像を再生したときのデータ速度を基準にしています。CD-ROMやCD-R/RAWの○倍速は、音楽CDを基準としています。たとえば、CD-Rの書き込み速度が32倍速のドライブの場合、音楽CD1時間分のデータを、約3分で書き込めます。


○倍速のここに注意

○倍速について注意する点は、DVDにおいては画質によって再生した時のデータ速度が変わたりします。たとえば、4.7GBで2時間の録画をしたものを再生した場合のデータ速度は4.7GB、1時間録画したDVDを再生したときの半分になります。4倍速でドライブを使用すると、どちらも15分で書き込めます。

スポンサードリンク
 
パソコン周辺機器使いこなし事典 TOPへ パソコンの基本性能 スーパーマルチドライブとは