ディスプレイサイズと液晶ディスプレイ:パソコン周辺機器使いこなし事典

スポンサードリンク

ディスプレイサイズと液晶ディスプレイ

ディスプレイのサイズとは

ディスプレイのサイズは画面の対角線の長さで、単位はインチです。現在、パソコン付属の液晶ディスプレイの主流は17~19インチです。また、映画などの表示に適している、ワイドタイプも増えてきています。


ディスプレイサイズの規格

ディスプレイのサイズ規格は、パソコンのディスプレイの画面のサイズはもちろん、最大表示解像度、どの表示モードに対応しているかも重要となります。17~19インチの液晶ディスプレイでは、最大表示解像度が800×600ドット(SVGA)、1024×768ドット(XGA)、1280×1024ドット(SXGA)の表示モードに対応している製品が標準的です。


ディスプレイのサイズのヒント

ディスプレイのサイズのヒントとして、パソコンディスプレイの最大表示解像度を高くすると、一度に表示できる情報量が増えます。その為画面が広く使え、複数のウインドウを並べて表示する時に便利です。ただし、その分メニューなどの文字は小さな表示となります。


ディスプレイのサイズのここに注意

パソコンディスプレイのブラウン管を利用したCRTディスプレイでは、画面の端が外枠に隠れているので、実際に画像が表示される範囲(有効表示領域)が、液晶ディスプレイに比べ、小さくなります。19インチのCRTディスプレイですと、17インチの液晶ディスプレイの有効表示領域と、同じサイズになります。


液晶ディスプレイとは

液晶ディスプレイは、ブラウン管タイプのCRTディスプレイに比べ、消費電力が少ないく、薄くて軽くなっています。以前は主に、ノートパソコンのディスプレイとして使用されていましたが、現在ではデスクトップパソコンでも、液晶ディスプレイが使用されるのが当たり前となっています。


液晶ディスプレイの種類

液晶ディスプレイの種類として、TFT液晶とDSTN液晶を使ったものがあります。DSTN液晶は構造が単純で安価なため、以前はよく使われていました。現在、TFT液晶がDSTN液晶より、画面の輝度が高く、視野角も広く、量産効果で価格が下がり、こちらを使用されていることが多いです。


液晶ディスプレイの特徴

液晶ディスプレイの特徴として、クリアブラック液晶(ソニー)や、スーパーシャインビューEX液晶などと、メーカーによって名称は違いますが、最近は画面の明るさ・コントラスト・発色などを重視した、液晶ディスプレイが主流になっています。テレビやDVDなどを観る際に見栄えするからです。


液晶ディスプレイのここに注意

液晶ディスプレイの注意点は、高輝度・高コントラストタイプの液晶ディスプレイは、Office系のソフトウエア(WordやExcel)を利用するには、画面が明るすぎたり、背景が映り込んだりと、見づらい場合もあります。

スポンサードリンク
 
パソコン周辺機器使いこなし事典 TOPへ パソコンの基本性能 ディスプレイサイズと液晶ディスプレイ