記録メディアと音声圧縮フォーマット:パソコン周辺機器使いこなし事典

スポンサードリンク

記録メディアと音声圧縮フォーマット

記録メディアについて

記録メディアについて、デジタルカメラのほとんどに、メモリーカードが記録メディアとして使用されます。撮影した写真は、小さくて取り外しが簡単なメモリーカードに、画像データとして記録されます。それをパソコンに取り込み加工したり、プリンタで印刷したりできます。


記録メディアの種類

記録メディアの種類について、メモリーカードはデジタルカメラの機種ごとに、利用できるものが異なります。一番多くの機種で利用されている「SDメモリーカード」や、デジタル一眼レフなどファイルサイズの大きいRAWデータを記録する「マイクロドライブ」他にも「コンパクトフラッシュ」、「メモリースティック」、「xDピクチャーカード」などがあります。


記録メディアの規格

記録メディアの規格について、デジタルカメラの記憶メディアに使うメモリーカードは、種類が同じであれば違うメーカーの製品でも使用できます。これは、一定の規定に基づいて製造されているためです。


記録メディアのヒント

記録メディアのヒントは、メモリーカードの記録画像データをパソコンに取り込むには、メモリーカードスロットを搭載していれば直接データを取り込めます。それ以外は、メモリーカードリーダーを利用するか、デジタルカメラに付属のUSBケーブルを利用し、パソコンとデジタルカメラを接続する方法があります。


音声圧縮フォーマットとは

音声圧縮フォーマットとは、オーディオデータの容量を小さくするためのファイル形式または方式のことで、オリジナルとの違いがほとんどわからない音質を維持するとともにデータ容量を1/10以下に圧縮します。圧縮の際、大きな音の前後や、人の耳には聞こえにくい周波数帯域を間引いたりもします。


音声圧縮フォーマットの種類

音声圧縮フォーマットの種類について、対応しているハードウェアが豊富な「MP3」や、iPodシリーズの「AAC」、WindowsXP対応の「WMA」、ネットワークウォークマンの「ATRC3/ATRCplus」など、さまざまな種類があります。


音声圧縮フォーマットのヒント

音声圧縮フォーマットのヒントとして、特定のメーカー商品にこだわりがなければ、MP3形式のファイルでの曲の取り込みをおすすめします。ほぼすべての携帯型デジタルオーディオプレーヤーで再生できるため、買い替えをしてもMP3形式のファイルならそのまま利用できる可能性が高いです。

音楽CDの曲をMP3形式でパソコンに取り込む方法としては、携帯型デジタルオーディオプレーヤーに付属の音楽管理ソフトはもちろん、フリーウェア「Quintessential Player」などを利用しても取り込めます。

スポンサードリンク
 
パソコン周辺機器使いこなし事典 TOPへ その他のデジタル家電 記録メディアと音声圧縮フォーマット