デジタルカメラとデジタルビデオカメラ:パソコン周辺機器使いこなし事典

スポンサードリンク

デジタルカメラとデジタルビデオカメラ

デジタルカメラとは

デジタルカメラとは、従来のカメラと違う点は、、失敗しても削除して撮りなおしたり、撮影したその場で確認することができるカメラです。また撮影したものを、画像データとして記録することができます。


デジタルカメラの種類

デジタルカメラの種類として、扱いの簡単で、手軽に持ち運ぶことのできるコンパクトタイプと、撮影の目的にあわせレンズや、フィルタなどを交換でき、高機能な一眼レフタイプがあります。どちらのタイプも有効画素数や、ズーム機能、撮像素子の種類、動画撮影機能の有無などによりさらに細かく分類されます。


デジタルカメラのヒント

デジタルカメラのヒントとして、デシタルカメラで撮影して、パソコンに画像データを取り込んで印刷したりできます。もしパソコンがなくても、ダイレクトプリントに対応したプリンタであれば、メモリーカードやデジタルカメラを直接接続すれば、印刷も可能です。また、デジタルカメラをテレビに接続することで、大きな画面に写真を表示することができます。


デジタルカメラのここに注意

デジタルカメラの注意点として、デジタルカメラの機種ごとに使用できるメモリーカードが違います。さまざまなものがありますので、もし買い替えを検討されているのであれば、手持ちのメモリーカードが使用できるか確認されるとよいでしょう。


デジタルビデオカメラについて

デジタルビデオカメラは、映像や音声をデジタルデータで記録するビデオカメラで、DV方式(家庭用デジタルビデオの規格)に対応したカメラが多く、DVカメラとも呼ばれています。DVカメラにおいては、撮影した映像をIEEE 1394に準拠したDV端子を使い、パソコンにデジタルデータのまま取り込むことができます。


デジタルビデオカメラの種類

デジタルビデオカメラの種類について、市販されているデジタルビデオカメラで一番多いのがDV方式で、miniDVテープに映像を記録します。最近では、ハイビジョン映像をminiDVテープに記録するHDV方式を採用したもの登場や、DVD方式を採用した直径8cmのDVDメディアに映像を記録するものがあります。


デジタルビデオカメラのヒント

デジタルビデオカメラのヒントとして、機種ごとにズームや、有効画素数に違いがあり、特に「3CCDモデル」は、色の再現に優れています。光の3原色のそれぞれに対応するCCDを、搭載したもので少々高めです。


デジタルビデオカメラのここに注意

デジタルビデオカメラの注意点として、カタログの仕様一覧の有効画素数の項目の中に「静止画有効画素数」と「動画有効素数」がありますが、静止画動画有効画素数は、止まっているモノを撮影や、遠くの被写体を撮るのに最適ですが、実際に普段動画撮影するのには動画有効素数の方なので、こちらの方の有効画素数をみて検討してください。

スポンサードリンク
 
パソコン周辺機器使いこなし事典 TOPへ その他のデジタル家電 デジタルカメラとデジタルビデオカメラ