著作権管理技術と電池・バッテリー:パソコン周辺機器使いこなし事典

スポンサードリンク

著作権管理技術と電池・バッテリー

著作権管理技術とは

著作権管理技術とは、DRM(Digital Rights Managemennt)ともいい、不正コピーを防いで、デジタルコンテンツの著作権の保護や管理をするためのしくみです。デジタルデータはコピーを繰り返しても、音質や品質が劣化しませんので、海賊版など不正コピーされたものが、インターネットなどを通じて出回ることを防ぎます。


著作権管理技術の種類

著作権管理技術の種類として、一般的には、音楽配信サイトで販売されている曲の著作権などを管理するための技術で、マイクロソフトの「Windows Media DRM」やソニーの「OpenMG」、アップルコンピュータの「FairPlay」などがそうです。また「CSS(Consent Scrambling System)」などの、DVDコピー防止に利用されるコンピュータープロテクト技術も含まれております。


著作権管理技術のここに注意

著作権管理技術の注意点として、「Windows Media DRM」や「OpenMG」、「FairPlay」などを使用した場合、曲をプレーヤーに転送できる回数が制限されていたり、それぞれに対応のプレーヤーやソフトウェアでしか、再生できないなどがありますので注意してください。


著作権管理技術の背景

著作権管理技術の背景について、著作権管理技術は、デジタルコンテンツの著作権保護の観点としては欠かせないものなのですが、現状として、ユーザーの選択の余地を狭めています。そんな中で、たくさんある音声圧縮フォーマットの中で、制限のないMP3が一番普及しています。


電池・バッテリーについて

電池・バッテリーについて、携帯用デジタルオーディオプレーヤーや、デジタルカメラ、デジタルビデオカメラなど、屋外で使用されることが多い製品には、電池や充電式バッテリーが電源として使用されます。


電池・バッテリーの種類

電池・バッテリーの種類について、ほとんどのものが充電式バッテリーを電源に使用していますが、電池を電源に使用するものとして、携帯型デジタルオーディオプレーヤーや、デジタルカメラの一部があります。その中でもほとんどのものが、充電式のニッケル水素電池に対応しています。


電池・バッテリーの特徴

電池・バッテリーの特徴について、アルカリ電池などを電源に使用している場合、出先で電池切れが起こっても、簡単にコンビニなどで購入ができます。充電式バッテリーの場合、バッテリーは、リチウムイオンが主流で、電池に比べると大容量で長時間使用はできますが、もしバッテリーが切れた場合、充電に専用のアダプターが必要となります。


電池・バッテリーのここに注意

電池・バッテリーの注意点として、購入を検討される場合は、電池の種類ではなく、デジタルカメラですと何枚写真が撮れるかが重要です。デジタルビデオカメラや携帯型オーディオプレーヤーに至っては、何時間使用可能かが重要です。カタログの仕様一覧でよく確認してください。

スポンサードリンク
 
パソコン周辺機器使いこなし事典 TOPへ その他のデジタル家電 著作権管理技術と電池・バッテリー