USBとIEEE 1394:パソコン周辺機器使いこなし事典

スポンサードリンク

USBとIEEE 1394

USBとは

USBとは、Universal Serial Bus の略で、パソコンと周辺機器をつなぐインターフェースの一種で、接続にはUSBポート同士をUSBケーブルで接続します。USBで接続することによって、パソコンにつなぐだけで周辺機器が自動設定され、利用できるようになります。


USBの規格

USBの規格には、USB1.1(12Mbps)とUSB2.0(480Mbps)とあり、現在は2.0が主流となっています。データ転送速度が高速で1.1にしか対応しない機器でも接続可能です。ただし、その場合1.1と同等の速度でしか接続できません。USBはデイジーチェーンという方式で数珠繋ぎに複数の機器を接続することができます。


USBの種類

USBの種類について、UBSケーブルを接続するポートは形の違いで、A端子・B端子・ミニB端子があります。A端子は、パソコン側に接続し、B端子はプリンタなど周辺機器に使用されます。ミニB端子は、主にデジタルカメラなどの小型周辺機器に使用されます。


USBの機能

USBの機能について、USBポートはバスパワー(正式名称バスパワード)に対応していて、周辺機器の電源をUSBポートから取ることができます。供給電源が500mAのハイパワーデバイスと、100mAのローパワーデバイスの2種類があります。


IEEE 1394とは

IEEE 1394とは、パソコンにUSBと同じように、周辺機器を接続するためのインターフェースの規格のことです。アップルの「FireWire」やソニーの「i.link」と呼んでいます。最近では、高速のIEEE1394bという規格も出ています。


IEEE 1394の種類

IEEE 1394の種類で、データ転送速度に、100Mbps、200Mbps、400Mbpsの3種類あります。IEEE 1394の特徴として、高速なデータ転送があり、そのため転送するデータの量の多い外付けハードディスクや、デジタルビデオカメラなどによく利用されます。


IEEE 1394のここに注意

IEEE 1394の注意する点は、IEEE 1394のポートは2種類あり、4ピン、6ピンとあります。違いとして形状の他に、4ピンは電力供給機能が省略されています。そのため4ピンの端子を持った機器には、別に電源を用意しなければなりません。6ピンについては、バスパワーに対応しています。


IEEE 1394のヒント

IEEE 1394のヒントとして、IEEE 1394ポートを持った周辺機器は、デイジーチェーン(数珠つなぎ)にすることで、複数台接続できます。総延長72メートル以内、機器同士間4.5メートル以内であれば直列17台、ハブを使えばれば最大63台まで接続可能です。

スポンサードリンク
 
パソコン周辺機器使いこなし事典 TOPへ パソコンのインターフェース USBとIEEE 1394