ディスプレイ出力とオーディオ出力:パソコン周辺機器使いこなし事典

スポンサードリンク

ディスプレイ出力とオーディオ出力

ディスプレイ出力とは

ディスプレイ出力とは、主に、パソコンとCRTディスプレイを接続するためのコネクタです。一般的に使われているのが、miniD-sub15ピンと言われる、以前から使用されているコネクタなので、ほとんどの機種に接続できます。


ディスプレイ出力の特徴

ディスプレイ出力の特徴として、最近増えてきた液晶ディスプレイとパソコンの接続に、デジタル信号が劣化しない上に、画質が鮮明なDVIコネクタがよく使われています。miniD-sub15では、途中でアナログ変換をします。


ディスプレイ出力の種類

ディスプレイ出力の種類は3つあります。アナログ用のDVI-A、一般的にDVIといったときに指されるデジタルのDVI-D。両用のDVI-Iがあります。miniD-sub15ピンとDVIの両方付いているディスプレイの場合、多くはDVI-Dコネクタが付いています。


ディスプレイ出力のヒント

ディスプレイ出力のヒントとして、パソコンを使って家庭のある液晶テレビに接続することができます。DVI-Dコネクタが液晶テレビにある場合、そのまま接続が可能です。大画面でパソコンを見たいときに有効なのが、HDMI端子がある場合で、DVI-DとHDMIの変換ケーブルを介すると、接続可能となります。


オーディオ出力とは

オーディオ出力とは、パソコンでゲームソフトやDVDソフトの再生をしたりする時の音声を、外部にあるスピーカーなどに出すためのものです。


オーディオ出力の種類

オーディオ出力の種類について、どのパソコンにもヘッドホン端子が付いていますが、ヘッドホンやスピーカーと接続するためのミニジャックになっています。最近のパソコンでテレビ録画やビデオ編集が得意とするものには、光デジタルオーディオ出力が採用されています。光ファイバーを使用し、デジタルサウンドを伝送できるS/PDIFともいいます。


オーディオ出力のヒント

オーディオ出力のヒントとして、音にこだわるのでしたら、光オーディオ出力にされるといいでしょう。ドルビーデジタル5.1chサラウンドのサウンドデータも、1本のケーブルで複数のチャンネルデータを伝送できる、光オーディオ出力にすることで、1本のケーブルで伝送できます。


オーディオ出力のここに注意

オーディオ出力の注意点は、光デジタルオーディオ端子は、傷や埃にに弱いく、ケーブルなど折り曲げなど、小さく巻き取ったりしないようにしましょう。そして、パソコン側の端子には、保護カバーが付いています。使わないときは必ず保護カバーを付けておくようにしてください。

スポンサードリンク
 
パソコン周辺機器使いこなし事典 TOPへ パソコンのインターフェース ディスプレイ出力とオーディオ出力