VideoモードとVRモード、電子番組表:パソコン周辺機器使いこなし事典

スポンサードリンク

VideoモードとVRモード、電子番組表

VideoモードとVRモードについて

VideoモードとVRモードについて、目的によって、DVDメディアに書き込む際のフォーマットは使い分けられます。「Videoモード」と「VRモード」と2種類あります。


VideoモードとVRモードの特徴

VideoモードとVRモードの特徴として、Videoモードは、市販のDVDソフトと同じデータの記録方法(フォーマット)なので、どのDVDプレーヤーでも再生が可能です。、マルチアングルや、ドルビーデジタルに対応しており、DVD-Rに保存する場合はこのモードで録画されます。が、DVDメディアに空きがあっても続けて録音できません。


VideoモードとVRモードのヒント

VideoモードとVRモードのヒントとして、Vモードは、Video Rcording の略で、映像も編集が簡単で、残った容量で続けて録画が可能なため、書き換え可能形のDVDメディアで利用されるため、リアルタイム録画に対応しているフォーマットといえます。VRモードには2つの種類があって、DVD-RW ・DVD-RAMはVRモード対応のプレーヤーでないと再生できませんが、DVD+RWはメディアに対応していれば、ほぼ再生できます。最近になり、VRモードでDVD-Rに録画できるハイブリッドレコーダーも出ています。


VideoモードとVRモードのここに注意

VideoモードとVRモードの注意点として、デジタルテレビ放送のコピーワンス番組をムーブするにはVRモードで録画してください。VIDEO モードはCPRMに対応していません。


電子番組表について

電子番組表について、テレビの画面に番組表を表示し(EPG)、これを利用すると録画予約が簡単です。ハイブリッドレコーダーに搭載されている機能です。


電子番組表の種類

電子番組表の種類について、インターネット経由でダウンロードするiEPGと、TBS提供のGガイド、テレビ朝日提供のADAMS-EPGなどがあります。機種によってどの電子番組表に対応しているかは違いますが、テレビの電波と一緒に番組表のデータを受信する形は同じです。


電子番組表のヒント

電子番組表のヒントとして、画面に表示された番組表から番組を選択するだけで録画できたりと簡単なだけでなく、キーワード検索で好きなジャンルや、タレントの番組を自動的に録画するよう設定できます。あと、スポーツ番組の後の番組で延長の予定があるとわかっている場合は、自動延長で撮り逃しがありません。


電子番組表のここに注意

電子番組表の注意点として、特別番組など番組表が変更になっっても、ハイブリッドレコーダーの更新がされていなければ、古い番組表のデータのままですので、更新忘れなどに注意しましょう。

スポンサードリンク
 
パソコン周辺機器使いこなし事典 TOPへ ハイブリッドレコーダー VideoモードとVRモード、電子番組表