DVD-R/RW・DVD-RとDVD+R/RW・DVD+R:パソコン周辺機器使いこなし事典

スポンサードリンク

DVD-R/RW・DVD-RとDVD+R/RW・DVD+R

DVD-R/RW~DVD-Rとは

DVD-Rとは、1度だけ書き込みができるDVDメディアの1つで、最大16倍速で片面層に4.7GB記録することができます。中には、2層の記録層を持つ8.5GBの記録のできるものもあります。


DVD-R/RW~DVD-Rの特徴

DVD-Rの特徴として、市販されているDVDプレーヤーのほとんどで再生や、日本のDVDレコーダーであれば、すべての機種で書き込みが可能ですので、他人に渡すときなどにも便利です。また、デジタル放送のコピーワンス信号に対応「CPRM対応」のメディアもあります。


DVD-R/RW~DVD-RWとは

DVD-RWとは、約1000回書き換え可能な、最大6倍速で片面1層に4.7GB記録できる、DVDメディアの1つです。


DVD-R/RW~DVD-RWの特徴

DVD-RWの特徴として、VRモードと、Videoモードの2つに対応していて、VRモードで録画した場合、その機種以外での再生できないことも多くありますが、Videoモードで録画した場合は、DVD-Rに近い互換性をもちます。古い機種での再生は、DVD-RWのレーザーの反射率がやや低いので再生できないこともあります。


DVD+R/RW~DVD+Rとは

DVD+Rとは1度だけ書き込みができるDVDメディアの1つで、最大16倍速で片面1層に4.7GB記録することができます。中には、2層の記録層を持つ8.5GBの記録のできるものもあります。


DVD+R/RW~DVD+Rの特徴

DVD+Rの特徴として、再生にDVD-Rと同程度の互換性をもっており、ファイナライズの作業が不要なので、容量が残っていると続けて録画できます。が、日本では主にパソコンの分野での利用が多いため、ほとんどのDVD レコーダーでの書き込みに対応していません。


DVD+R/RW~DVD+RWとは

DVD+RWとは、約1000回書き換え可能な、最大8倍速で片面1層に4.7GB記録できる、DVDメディアの1つです。


DVD+R/RW~DVD+RWの特徴

DVD+RWの特徴は、パソコンで利用されることが多く、ウインドウズXPでは標準で書き込みに対応しています。DVD+Rと同じで、容量が残っていれば続けて録画でき、書き込み最大速度は8倍とDVD-RWの6倍を上回っています。

スポンサードリンク
 
パソコン周辺機器使いこなし事典 TOPへ ハイブリッドレコーダー DVD-R/RW・DVD-RとDVD+R/RW・DVD+R