DVDメディアの種類と2層記録:パソコン周辺機器使いこなし事典

スポンサードリンク

DVDメディアの種類と2層記録

DVDメディアの種類について

DVDメディアの種類について、使用目的に合わせて多くの種類がありますが、すべて記録層にレーザーを当て情報を読み書きする直径12cmの円盤です。それぞれ似た名前なのでひと目では解りにくいです。


DVDメディアの背景

DVDメディアの背景についてですが、DVDフォーラム(松下など日本の家電メーカーが中心)と、DVDアライアンス(コンピュータ関連企業中心・ソニー)という2つの団体がDVD の規格を別々に制定しています。そのため各メーカーとも他陣営の規格には対応していない場合があるので注意してください。DVDフォーラムの規格には「-」DVDアライアンスの規格には「+」が付いています。


DVDメディアの種類

DVDメディアの種類として、1度しか書き込みができない追記型の「DVD-R」と「DVD+R」があります。あと、複数回書き換え型があります。最近は、記録層を2層構造にして記録容量を2倍にした「dual layar DVD-R」や「DVD+R DL」などもあります。

DVDメディアの種類で、それぞれ書き換え可能な回数や、記録方式などは異なりますが、書き換え可能型といわれているものは、「DVD-RW」、「DVD+R」、「DVD-RAM」です。追記型のメディアより値段は高いです。


2層記録とは

2層記録とは、DVDメディアの記録容量を増やすために記録層を2層にしたもので、「Dual Layer DVD-R」と「DVD+R DL」とがあります。どちらも1度だけの書き込みで、8.5GBのデータを記録できますが、書き込み速度は1層のものよりも遅いです。ちなみに、Dual Layer DVD-Rは4倍速、DVD+R DLは、2.4倍速となっています。


2層記録の規格

2層記録の規格について、2層記録には、記録層と記録層の間に特殊な樹脂の層があるため、レーザーの光の焦点を切り替えることで、2つの記録層の任意の層の情報を読み書きできるようになっています


2層記録のヒント

2層記録のヒントとして、DVDアライアンスがDVD+R DLをいち早く制定したので、多くのパソコンのスーパーマルチドライブに対応しています。ちなみに、2005年になってやっとDVDフォーラムのDual Layer DVD-Rが市場に出始めました。


2層記録のここに注意

2層記録の注意点として、DVD+R DLは、パソコン専用の規格とほぼなっていますが、Dual Layer DVD-Rについては、製品がまだ出揃っていない状況のため、再生できるDVDプレーヤーが限られています。

スポンサードリンク
 
パソコン周辺機器使いこなし事典 TOPへ ハイブリッドレコーダー DVDメディアの種類と2層記録