DVD-RAMとCPRM対応:パソコン周辺機器使いこなし事典

スポンサードリンク

DVD-RAMとCPRM対応

DVD-RAMとは

DVD-RMとは、約10万回書き換えが可能な、最大5倍速で、片面1層に4.7GB、両面1層に9.4GBの記録ができるDVDメディアです。


DVD-RAMの種類

DVD-RMの種類で、ディスク単体のものをノンカートリッジと呼ばれ、両面1層になっています。もうひとつは、ケース付きのメディアがあり、片面1層のType2と、Type4に分かれています。


DVD-RAMの特徴

DVD-RMの特徴は、もともとパソコン用に、大容量の記録ディスクを制定するために作られたものなので、約10万回の書き換えが可能になっているのと、1枚のディスクで9.4GBという容量になっています。ただ、裏面を使用する時は1度取り出し手動で裏返さなければなりません。


DVD-RAMのここに注意

DVD-RMの注意点として、DVD-RやDVD-RWなどの他の規格と記録面のフォーマット形式が違うため、DVD-RAM対応の機種以外での再生ができないなど、互換性が低いです。


CPRM対応とは

CPRM対応について、CPRMとは、Content Protection for Recordable Media の略で、主にデジタル放送で使われる著作権保護技術のことす。最近のハイブリッドレコーダーは、CPRMに対応した機種が増えてきていて、それに伴いDVDメディアにも対応商品が登場しています。


CPRM対応の種類

CPRM対応の種類について、今までCPRMに対応したDVDメディアは、DVD=RWとDVD-RAMだけでした。最近では、DVD-Rも対応のものが出ています。


CPRM対応のヒント

CPRM対応のヒントとして、2004年4月からデジタル放送がコピーワンスとなり、ダビングできなくなりました。そこで、デジタル放送をDVDに記録するには、CPRM対応のDVDメディアにムーブする方法があります。記録したDVDメディアを再生する場合はCPRM対応のDVDプレーヤーが必要です。


CPRM対応のここに注意

CPRM対応の注意点として、DVDメディアのムーブは、記録しながらハードディスクの内容を自動的に消去する、常に1つのデータしか存在しないため、停電などのアクシデントは、データが復活できない場合もあります。また、一度DVDメディアに記録した番組をハードディスクに戻すこともできません。

スポンサードリンク
 
パソコン周辺機器使いこなし事典 TOPへ ハイブリッドレコーダー DVD-RAMとCPRM対応