端子について:パソコン周辺機器使いこなし事典

スポンサードリンク

端子について

D端子とは

D端子とは、テレビやDVDプレーヤーでよく見る四角い端子で、端子の形がアルファベットのDによく似ていることからで、Digitalの略ではありません。


D端子のここに注意

D端子の注意点として、D端子は、D1~D5端子の5種類となります。数字が大きくなるにつれて高解像度に対応しています。それぞれの端子の形状は同じなので接続はできますが、同じ端子でない場合、低いほうの解像度が表示されますので注意してください。


D端子の規格

D端子の規格ですが、コンポジット映像端子に比べ、にじみの少ない映像を伝えるために、映像を構成しているRGBの色情報を、色信号Yと、色差信号のR-YとB-Yの3つの信号で伝送することによって高画質にする端子です。しかし、D端子は、あくまでもアナログ端子なので、アナログ信号に変換する分、HDMI端子などデジタル端子に画質の面で劣ります。


D端子の特徴

D端子の特徴ですが、ケーブル1本で気軽に複数の信号を接続でき、元の映像のアスペクト比を正しく伝送できます。


HDMI端子とは

HDMI端子とは、デジタルテレビ、DVDレコーダーなどが備えている小さく作られた端子です。音声と映像が1本のケーブルでまとめられています。HDMI自体はパソコンのディスプレイで採用されているDVI規格をもとに作られています。


HDMI端子の特徴

HDMI端子の特徴として、ふつう、デジタル放送をテレビに表示するには、D端子や、コンポーネント端子を使用すると、アナログ端子なので、デジタル信号を1度アナログに変換し、テレビでもう1度デジタル信号に変換して表示します。HDMIなら端子を利用すると、最初から最後までデジタル信号で伝送されます。


HDMI端子のヒント

HDMI端子のヒントとして、変換コネクタを使用すれば、DVI端子をそなえたデジタルテレビやディスプレイに接続できます。もともとHDMI端子はDVIをもとに作られた規格です。


HDMI端子のここに注意

HDMI端子の注意点として、HDMI端子には、デジタルデータ著作権保護機能(HDCP)が利用されています。HDCPに対応していないパソコン用ディスプレイなどは、変換コネクタと利用しても接続ができないようになっています。


その他の端子について

コンポジット端子

コンポジット端子についてですが、ほとんどのAV 機器に採用されています。RCA端子ともいわれる端子で、映像が黄色、音声が赤と白と3本くっついているピン状の端子です。輝度信号と色信号が1本で伝送しているので文字などの部分ににじみが出たりすることから、デジタル対応の高級機種などでは使用されていません。今後はなくなっていく傾向です。


S端子

S端子についてですが、S端子はアナログ放送用に作られた規格で、輝度信号と色信号が分けて伝送されるので、コンポジット端子より鮮明な画像となります。S1、S2とあるのですが、S2においては、アスペクト比の情報を伝えることができます。しかし、情報伝達量は少なく、デジタルのD端子などに切り替わってくるようです。


コンポーネント端子

コンポーネント端子ですが、信号を3本のケーブルで伝送します。一般的に赤、青、緑の端子になっていて、色信号を分離しているので、鮮明な映像となります。D端子と同じ信号を伝送しているのですが、アスペクト比の情報は伝送できません。

スポンサードリンク
 
パソコン周辺機器使いこなし事典 TOPへ デジタルテレビ 端子について