ハイビジョンとプログレッシブ表示:パソコン周辺機器使いこなし事典

スポンサードリンク

ハイビジョンとプログレッシブ表示

ハイビジョンについて

ハイビジョンについて、日本では、NHKがBSアナログハイビジョン放送が初めで、その後BSデジタル放送の開始で、デジタルハイビジョンの放送が始まりました。地上アナログ放送で走査線を525本使用していますが、ハイビジョン放送は1125本以上の走査線を使用し、高画質な映像を実現しています。なおハイビジョンテレビを視聴するには、ハイビジョンテレビが必要です。


ハイビジョンのヒント

ハイビジョンのヒントとして、地上デジタル放送は、ハイビジョンで従来のアナログ放送の番組を放送しています。現在アナログ放送からハイビジョン放送に切り替え中のため、機材もアナログ機材で撮影したものをハイビジョンに変換して放送しているケースもあります。BSハイビジョン放送については、BS-1、BS-2とは違う独自の番組を放送しています。


ハイビジョンのここに注意

ハイビジョンの注意点は、現在ハイビジョン放送をそのままの画質で録画できるのは、次世代DVD搭載型レコーダーか、高画質モードに対応したD-VHSになります。なお、デジタルチューナー内蔵DVDレコーダーについては、ハイビジョン信号を圧縮して記録されるため、そのままの画質では録音ができません。


プログレッシブ表示とは

プログレッシブ表示とは、ノンインターレス表示とも言われ、画面のちらつきを抑えるとともに、精度の高い画像を表示するための技術です。パソコンのモニタのちらつきを防止のためには、プログレッシブ表示が採用されています。


プログレッシブ表示の特徴

プログレッシブ表示の特徴は1回ですべての走査線を表示することができます。これに対し普通のテレビなどは、インターレス方式で画像を表示しています。日本のテレビ記号のNTSCでは、525本の走査線を偶数奇数に分けて、まず奇段の表示次に偶数段と、2段階表示の方式となっています。そのため目の残像効果によって1枚の画像として認識はできますが、ちらつきの原因となっています。


プログレッシブ表示の規格

プログレッシブ表示の規格について、プログレッシブ表示に対応した番組は、地上はデジタル放送、BSデジタル放送のハイビジョン放送で、プログレッシブ表示に対応しているのは、市販のDVDソフトです。


プログレッシブ表示のヒント

プログレッシブ表示のヒントとして、デジタルテレビ、デジタル対応と表示されていればプログレッシブ表示に対応していて、ちらつきのないキレイな画像が楽しめます。また、プログレッシブ表示対応のテレビであれば、D2~D4端子を必ず備えています。

スポンサードリンク
 
パソコン周辺機器使いこなし事典 TOPへ デジタルテレビ ハイビジョンとプログレッシブ表示